chinorandom

いろいろ記録帖

MENU

ロンドン芸術大学はどんな場所だったか:チェルシー・カレッジのファインアート学部

私は2016年の秋から美術(Fine Art)を学ぶ正規留学生として、イギリスの首都・ロンドンに2年と少しの間滞在していた。学校名はロンドン芸術大学で、セントマーチンズ・カレッジのファウンデーションコース修了後に、チェルシー・カレッジの学部(BA)へと進…

夢の島熱帯植物館の大温室を歩く|東京都・新木場にて

// 温室のドーム 江東区の夢の島公園には大温室の占める一角がある。新木場駅から歩いて15分ほどで辿り着けるそこは、夢の島熱帯植物館(よく表記を間違えられるが植物"園"ではない)と呼ばれている場所だ。付近は閑散としていたが、野球場や競技場などスポ…

名古屋を散策する(1):文化のみち~レンガの市政資料館から主税町教会まで|愛知県旅行

// 名古屋城は工事中 私にとっては二度目の訪問となる愛知県名古屋市。前回の季節は夏のはじめで、今回は冬のさなかだった。 1泊2日の旅、初日は快晴、帰りは小雨。大きな寒波に見舞われることなく過ごすことができたけれど、おそらくは花粉の飛散によるくし…

ごあいさつ:ブログの概要&自分について

// 初めましての方もそうではない方も、訪問ありがとうございます。 自身の旅行先について調べたことや写真、または独り言などをここに掲載するようになってから、1年以上の期間が経ちました。早いものですね。ちなみに、一番最初に投稿した記事はこれです。…

箱根登山鉄道の魅力と1月の大涌谷|ただ風景を見るだけの日帰り旅行

// 大涌谷の黒たまご館 この間、箱根の方まで出向いた。特に用事があったわけではなく、見たいものがあったわけでもない。ただ何となく。考えてみれば、自分がどこかへ行く時は理由があるからではなくて、目的地を決めてからその理由を後付けで考えているこ…

急上昇・急降下を繰り返す気分と向き合うこと:気分循環症という厄介な性質

// 上昇と墜落 制御できない情動の波 何かとても嬉しいことがあって、天にも昇るような心地がする。 またはひどく悲しい出来事に遭遇して、どん底まで落ち込んでしまう――。 このように、目の前で起こったことに反応して人間の喜怒哀楽が変化するのは正常なこ…

謎多き世界遺産《ストーンヘンジ》を訪れる――当時のイギリスに思いを馳せて

はるか昔に人為的に造られたものらしい、ということは判っているが、その目的が未だに不明な遺跡はこの地球上に無数に存在している。例えばイースター島のモアイ像、古代エジプトのピラミッド、ジャームのミナレット等――そして、英国の平野にのこる「ストー…

銀座をぶらりと散歩・クリスマスの集いと2018年後半の振り返り

どうやら2018年が終わろうとしているらしい。参加した忘年会の席では、今年もあっという間に過ぎていったな、と感慨深げに呟く人たちの声をたくさん聞いた。では、自分にとってはどうだっただろうか。たくさんの出来事やそれらへの対応に追われてはいたけれ…

千本松牧場と、展望塔から眺めた蒼い山々|東京から在来線で行く栃木・那須塩原(2)

ピラミッド元氣温泉で一夜を過ごした後、朝にはまた軽くお湯に浸かり、チェックアウト時間ぎりぎりまで二度寝をしてしまった。お布団は人間を引き込む魔のような存在だから、あまり心を許してしまわないよう気を付けないといけないと改めて強く思う(睡眠が…

噂の《ピラミッド元氣温泉》に宿泊してみた|東京から在来線で行く栃木・那須塩原(1)

事の発端は、少し変わった温泉旅館のサイトURLが友人から送られてきたことだった。その名前は《ピラミッド元氣温泉》という。検索をかけると「元『気』温泉」と表記されているものが多く見られるが、実際には「氣」という漢字を使うのが正確であるらしいので…