chinorandom

彷徨する自由帖

MENU

ご挨拶:当ブログの概要、お仕事について

ライティングのお仕事に関してはメールにて詳細をご提示の上、ご相談ください。仕事内容・掲載媒体と形式・締切・報酬額と振込時期など、詳細な情報のご記載がないメールにはお返事をしかねる場合が多いです。申し訳ありませんが、あらかじめご了承ください…

路上で話しかけてくる怪異

振り返れば大学を辞める頃まで、国内にいても、国外にいても、よく宗教の勧誘をされた。記憶に残っている中で最も古いのは、高校生時代。某駅の改札前、広告の貼られた四角い柱のところで友人を待っていたら(多分このとき、制服を着ていたと思う)若い二人…

旧田中家住宅 - 高さと奥行きに魅了される洋館・和館:大正12年竣工|埼玉県川口市の重要文化財

大正10年から建設が始まり、同12年に竣工した、旧田中家住宅。国の重要文化財に指定されている。スパンドレルのある窓の並び方も、壁の飾りも実に魅力的で、この館の付近で暮らすことを夢想せずにはいられない。私は朝早く起きて一度、また夜眠る時にも一度…

記事を寄稿しました:前世の友達が飛び出す、近江八幡 - WEBメディア〈サンポー〉へ|日帰り滋賀県・近江八幡散策(5)

外部で執筆した記事の紹介です。先日、webメディア〈ジモトぶらぶらマガジン サンポー〉さんにて、滋賀県・近江八幡散策中に遭遇したとある看板、通称「飛び出し坊や」について書いた記事を掲載していただきました。以下が該当ページへのリンクになります。

黄色い家(暖炉のある)

冬、暖炉のある場所でまとまった日数を過ごした経験は、過去に一度しかない。けれどその感覚がすっかり心身に刻まれてしまったのか、新しく季節が巡ってくるたびに、暖炉の存在しない冬はまるっきり嘘であるかのような錯覚をおぼえるから不思議。だから、己…

日帰り滋賀県・近江八幡散策(4) 明治に建てられた小学校の疑洋風建築 - ステンドグラスのある白雲館

八幡堀の手前には旧八幡東学校の校舎が残っている。現在では「白雲館」と呼ばれている、疑洋風建築である。白雲館(旧八幡東学校校舎)は近江商人の集めた資金により明治10年に建てられた。そのほとんどが寄付で、当時の値段にして約6000円だったという。設…

クラタビル11号館の風情|神戸市中央区・レトロ建物

ある縦長の入り口から変な引力を感じる。誘われるまま不用意に近付いたら、もう中を覗いただけで大変だった。煉瓦の外壁、洋風の電燈、奥の方に伺える複数の入り組んだ通路の気配。本当に危ないところだ。心を捕捉されて、離れられなくなる。絶対、陽が沈ん…

ガラスの山を飼っている

ガラスの山といえば、脳裏に浮かぶのは昔話である。それも、ヨーロッパの各地に残る類の。有名なのはグリム兄弟が収集した童話や、ノルウェーの童話に登場するものだと思うが、私にとっては子供の頃に買い与えられた偕成社の本(学年別・新おはなし文庫の一…

太宰治《斜陽》- 過渡期の犠牲者・直治と彼の遺書、母のような「ほんものの貴族」への憧憬|日本の近代文学

人生(あるいは人間存在)に対して自分を偽らず、誠実に、まっすぐに、真面目に向き合おうとすればするほど首の締まる世の中である。その渦中にあって正気を保ち続けていられるのは、意志や外的要因によって少なからず「何か」を看過しているからだし、強く…

日帰り滋賀県・近江八幡散策(3) 水路のある商人の町へ - 八幡堀と日本家屋

八幡堀の南側に広がる区域は特に整然としていて、碁盤の目とまではいわないが、地図を眺めてみると似た形の四角がたくさん並んでいる。JR近江八幡駅から徒歩約30分。体力温存のためにバスに乗っても良いけれど、運河に至るまでの周囲の様子を肌で感じながら…

石像について / 石になった君を

緑の枠の窓を開けるとき、できれば忘れていたいのに、嫌でもそれが視界に入る。小さな家の中庭。石になった君を眺めて、すっかり枯れてしまった涙をふたたび飲み込んだ。喉の奥のところがひきつれてしびれたようになる。陽はこうして昇ったのに、その透明な…

日帰り滋賀県・近江八幡散策(2) レンガ塀の住宅街と趣深い洋風建築 - ヴォーリズ(一柳米来留)という人物の軌跡

明治38年、24歳の頃に来日してから近江八幡に居を構え、生涯を通して建築家や伝道者として熱心に活動した人物——ウィリアム・メレル・ヴォーリズ。彼の自邸は現在、ヴォーリズ記念館として予約制で公開されている。電話での予約のみ受け付けがされており、弾…

日帰り滋賀県・近江八幡散策(1) 旧八幡郵便局 - W・M・ヴォーリズの設計した大正時代の建築

この建物のある「仲屋町通り」は「すわいちょうどおり」と読む。歩いていると出会うのは、決して派手ではないが堂々とした堅実な印象のファサード。郵便局の機能にふさわしい外観だと思うし、設計者の気質のようなものも反映されているようで、好感が持てた…

数寄屋橋公園に隣接する泰明小学校の校舎 - 近代建築|大正~昭和初期に建てられた「復興小学校」とは

市街地を歩いていると、流れる水の音はなく、気配すら感じられないアスファルトの海上にも「橋」の文字を冠した地名が散見される。その多くは、かつて存在した河川を埋め立てて整備した痕跡。周囲を散策すれば橋のたもとを飾った親柱や、江戸時代の火事防止…

The PERFUME OIL FACTORY(パフュームオイルファクトリー)の限定香水《ラプンツェル》と《The CHOCOLATE #2》感想

オイル香水専門店・The PERFUME OIL FACTORY(パフュームオイルファクトリー)が2021年に発表した期間限定商品のうち、「ラプンツェル」と「The CHOCOLATE #2」の感想です。特にラプンツェルは10月6日に発売されてから、11月中旬に異例の追加販売が行われる…

「人生は自分の手で書き換えられる物語」という一種の信仰

人間が生まれてから死ぬまでの道程を書物や映画に見立てるのは、現在、それほど珍しい考え方ではなくなった。むしろ比較的よく使われる表現にもなっている。一体いつ頃から一般に受け入れられたのか定かでないが、どこかの地点で始まり、いつかは終わりを迎…