chinorandom

彷徨する自由帖

MENU

【パソコン作業のお供・紫外線対策】試しにZoffのブルーライトカット眼鏡を使っている

最近、Zoffのブルーライトカット眼鏡(35%)を買ってみた。そもそもブルーライトとは可視光線の一種で、なかでも波長が短く、強いエネルギーを持っている光のことらしい。テレビやパソコン、スマートフォンの画面からも放射されており、場合によっては疲れ…

ペンションの廃墟 / 必要ではなくなったもの、の行方 / 風に花

もう使いもしないのにずうっと部屋の中に置いてあるもの。そのうち捨てようとしているものと、結局は捨てられなさそうなもの。あるいは疎遠になってしまった友達や、知り合い。その気になれば連絡先を探し出すことは容易だが、わざわざ行動を起こしてまで維…

ポーラ美術館|企画展《Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年》とレストランのコラボメニュー

ポーラ美術館で2021年4月4日まで開催されていた企画展は、《Connections ―海を越える憧れ、日本とフランスの150年》と題され、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、日本とフランスの二国でどのように文化の交換がなされていたかを美術作品から読み解くものだ…

定期的に過去を清算したくなる理由は

定期的に人間関係をリセットする癖、あるいは症候群……とでも表現するべきか。今までかかわりのあった人達との連絡手段をとつぜん絶ったり、次の移動先を告げずに所属していた組織を去ったりして、その都度違う場所でまったく新しい関係性を築こうとする性質…

空を仰いで想うのは:星の王子さまミュージアム・箱根 サン=テグジュペリ

フランスの都市リヨン生まれのアントワーヌ・サン=テグジュペリ(1900~1944)は、優秀な成績を残したパイロットであり、また寡作ながら深く心に刻まれる作品を生み出した作家でもある。代表的な「星の王子さま」は私にとって本当に重要な物語で、今までに何…

旧フランス領事館公邸の遺構を覗く|横浜山手の丘散歩

港に面した土地には、故あって外国由来の名前を授けられた小路やら、橋やらが本当に多くある。南の長崎はオランダ坂、そして神戸は人名風のハンター坂にトーマス坂など、例を探せば枚挙にいとまはない。横浜・山手の一帯も例に漏れずそのうちの一つだ。なか…

《義血侠血》泉鏡花 - 巡り合わせの妙と、下された評決の先に残る絆|近代日本のロマン主義的文学作品

泉鏡花の小説、また戯曲は、第一に取っつきにくい。そしてどうにか取っついたとしても、読み進めるのが難しく、かつては紐解こうとしたけど断念してしまった。あるいはとにかく表現が晦渋だ。……などなど。現代、令和の時代を生きる読者にとって、鏡花の作品…

軽く体調を崩すと「許された」ような気がする

具合が悪いといえど、目を開けていられないほどではなく、全く身体を動かせないほどでもない。その状態が、まるで免罪符のようだと思う。どこからか「お前は休んでも構わない」と告げられている気がする。今は行動を起こさなくてもよいのだと。特に異常のな…

某長編小説、万年筆とインク、それから少し古い文字……新しく興味を持ったこと

この1年で、自分の暮らしがどんな風に変わったか。また、日々どんなことを考えていたのか。そう問われて思い浮かべるものは本当にたくさんあるのですが、とりあえず嬉しいことに「退屈とはほとんど無縁だった」と言ってよいでしょう。旅行に行けないとか洋館…

伝声|自働電話

売り言葉に買い言葉、勢い余って「家」を飛び出すことなど頻繁にある。それ自体は別に珍しくも何ともないし、大抵の場合しばらくすれば原因すら忘れてしまうものだが、今回は内容が内容なだけに簡単にはいかなかった。そういう心のまま「こちら側」に来るの…

《横浜三塔》などの歴史的建造物から感じる明治・大正期の雰囲気 + 外食記録(横浜駅・新横浜駅)

横浜市中区には、現在《横浜三塔》の愛称で呼ばれている、見どころの多い代表的な歴史的建造物が建っている。神奈川県庁本庁舎、横浜税関本関、そして横浜市開港記念会館がそれにあたり、どうやら昭和初期のころに外国船員がランドマークとして名前を付けた…

【初心者向け】生活に万年筆を~仕事でも趣味でも、より書きやすい筆記具を探して

仕事の取材でメモを取ったり、趣味で書いている一次&二次創作小説の構想を練ったり…… あるいは本を読みながら内容をまとめるなど、とにかく筆記具はよく使う。主となるのは、だいたい限界まで尖らせた2Hの鉛筆か、持ち手が細軸の軽いシャープペンシル。けれ…

伊能忠敬の旧宅がある千葉県・佐原 - 川沿いの町並み保存地区と裏路地|小江戸散策(2)

岐阜の大垣しかり、この佐原もしかり。自分が歩いていて楽しいと思うのは、やっぱり水のある町なのだ。水路や運河はもう一つの通り道。飛脚、馬、自動車が行き交う地上の路から直角に逸れて、雁木を下りると細い曳舟が待っている。たとえ道路に沿い、全く同…

「カイ少年」へ

子供が冬の澄んだ夕空を見上げて、そこへ稲妻のように走った大きな亀裂を幻視する。素知らぬ顔で横切る飛行機の向こう側、ああ鏡が割れたのだ、と思った瞬間にはきっと、もう忘れている。それでも破片はあまねく地上に散らばっただろうし、いつか実際にひと…

埼玉県・川越の町で、近代の蔵造り建築の特徴を探して歩く|小江戸散策(1)

川越の目玉ともいえる一番街の大通りに辿り着く手前で、一軒のそば店に出会う。魅力的、かつ典型的でお手本のような看板建築だった。看板建築とは町家、商店の正面のみを平らな板のように見立てて装飾を施し、行き交う客の目を惹くような意匠にしている建築…