chinorandom

彷徨する自由帖

MENU

ご挨拶:当ブログの概要、お仕事について

 

 

 

f:id:chinohirose:20190206234217j:plain

 

 当ブログ《chinorandom》へようこそ。

 以下の目次から各項目に飛んでください。

 

About this blog

 

  • 著者の紹介

 

ブログの運営者:

 千野(Twitter: @hirose_chino)(Mastodon: @hirose_chino

 1995年生まれ、関東在住の会社員です。

 仕事では葬儀系の電話取材と文章作成に携わっており修業中。旅行の思い出や考えたことの記録として、2018年1月からブログの更新を始めました。

 

 小説などの物語、お茶会、それから近代遺産が大好き。近代に建てられた森の廃洋館にそっと棲みついて、裏庭に咲いた花をときどき食べ、人間を惑わして暮らす妖怪になりたいです。

 飽き性かつ気分循環症で面倒な人間だと思います。しかし普通に会社で他の方々と仕事ができるだけの社会性はきちんとありますし、突然暴れるようなことはありませんのでご安心ください。

 

 イギリスで美術大学に通っていたことがありますが、精神疾患と経済的理由により中退しています。とはいえ心身に問題を抱えながらもわりと普通に生きています。

 

  • ブログの傾向

 

 非常に雑多です。好きなものだけ、という感じで。

 記事を読んで下さった中で、もしも著者と仲良くなれそうだと思われる方がいましたらぜひお話したいです!

 

 主なカテゴリーは、

 ○随筆・創作

 日記のようなものや、稀に短い小説があります。だいたい普段の文章の練習として書いているものです。

 ○旅行とお散歩

 国内外を問わず、その都度行きたいと思った場所を訪れてフラフラする記録。

 一人旅が多いですが、誰かと一緒にいるときもあります。気分次第。

 ○近代遺産

 明治・大正・昭和初期に建てられた邸宅や他の建築物など、近代化する当時の日本を伺える遺産について、実際に見たり本で調べたりしたことを掲載しています。好きなので。

 ○読書

 読んだ本の感想や、魅力的だと思った要素を紹介しています。

 今のところ近代の文豪の作品が多いですね。難しいと敬遠されがちですが本当に面白いものが多いので、もっと良さを知られてほしい。

 ○美術・博物館

 主に作品の鑑賞記録。アート系に関してはジャンル無節操ですが、特に現代美術に関心があります。

 大学時代に学んでいたのもその周辺です。

 ○雑記

 上のカテゴリーに該当しないものの置き場。

 ……という感じになります。

 

 ひとつでも興味を惹かれる項目がありましたら覗いていって下さいね。

 

  • ライターとしてのお仕事、実績ほか

 

 たまにご依頼を受けたり、あるいはこちらから提案をしたりして、web記事を執筆・寄稿させていただくことがあります。

 

○過去の執筆実績:

Webメディア「りっすん」様へ

 

Webメディア「ダメです.」様へ

 

Webメディア「サンポー」様へ

 

Webメディア「すごいお雑煮」様へ

 

同人誌「青春ヘラver.6〈情緒終末旅行〉」へ

 こちらは「大阪大学感傷マゾ研究会」様の発行している会誌への寄稿でした。

 散策記的なエッセイで、すでに役割を終えたように見えるけれども未だに何かが息づいている街の、奇妙さや抗えない魅力について書いています。

 

 

その他の実績

 

 また、2022年に開催された「Oisix(オイシックス)×はてなブログの特別お題キャンペーン」にて、投稿した記事が優秀賞をいただきました。

 以下にそのまま掲載しております。

 

 

 現在、ライティングのお仕事を募集しておりますので、ぜひメールにて詳細をご提示の上、ご相談ください。

 仕事内容・掲載媒体と形式・締切・報酬額と振込時期など、詳細な情報のご記載がないメールにはお返事をしかねる場合が多いです。申し訳ありませんが、あらかじめご了承ください。

 

 私の書くものに興味を持って下さった方、また、全体的なコンテンツの傾向が合致する・類似している媒体と、お仕事がしたいです。

 

  • お読みいただきありがとうございます

 

 ひとまず概要はこんな感じです。これからも細々とマイペースに更新していくかと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。お話の合いそうな方はお気軽にコメント等ください。

 TwitterやMatodonにも生息。

 

 それでは、何かありましたら《okatsuhiro901☆gmail.com》(☆を@にご変更ください)まで。