chinorandom

彷徨する自由帖

MENU

記事を寄稿しました:以前は名の知れた歓楽街、柳ヶ瀬。その隆盛を偲びつつ商店街の小路を歩く - WEBメディア〈すごいお雑煮〉へ

 

f:id:chinohirose:20200403124711j:plain

ロイヤル劇場ビル

 久しぶりに外部で執筆した記事の紹介です。

 先日、webメディア〈すごいお雑煮 - 地味に役立つニュースサイト〉さんにて、岐阜旅行中に見つけた一角「柳ヶ瀬商店街」を紹介したものを掲載していただきました。以下が記事へのリンクになります。

以前は名の知れた歓楽街、柳ヶ瀬。その隆盛を偲びつつ商店街の小路を歩く - すごいお雑煮|地味に役立つニュースサイト

 まず、念願だった街歩きのジャンルで記名記事を執筆できて非常に嬉しいです!  それもあまり一般には受けなさそうな、地味で少し怪しい着眼点の散策記録なのですが、快く掲載を承諾してくれたメディアと運営者の方には頭が上がりません。感謝感激、雨あられ。

 この柳ヶ瀬商店街は友達と岐阜駅に向かいがてら街をぶらついていて、たまたま見つけたエリアでした。

 昭和中期かなり繁盛していた歓楽街のようですが、散策当時は土地の歴史や過去の栄光も全く知らず……。ただ、それでもビシバシと伝わってくる空気感圧倒的な建物の良さに惹かれ、歓声を上げながらアーケード内を歩き回っていました。取り壊されたり立て直されたりしたお店も多いのでしょうが、未だに過去の時代の特徴を残す一角が確かにあります。

 そんな商店街のなかでも、水路を利用した疑ヨーロッパ風の小路《アクアージュ柳ヶ瀬》は、まさに「魔界」としか表現しようのない領域で面白かったです。ミニ噴水に不穏な色のライト、スプレーの落書きがある彫像、突然暗くなる道などなど、詳しい様子はぜひ記事本編で確かめていただきたく。

 ご興味を持って下さった方、またお時間ある方は読んで下さると嬉しいです。何卒、よろしくお願いいたします!

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 関連して岐阜旅行中のブログもぜひどうぞ。今後も養老や大垣、関ケ原訪問記録…… と少しずつ追加していく予定です。