chinorandom

彷徨する自由帖

MENU

The PERFUME OIL FACTORY(パフュームオイルファクトリー)の限定香水《ラプンツェル》と《The CHOCOLATE #2》感想

 

 

 

f:id:chinohirose:20211206152147j:plain

 

関連記事:

 

 オイル香水専門店・The PERFUME OIL FACTORY(パフュームオイルファクトリー)が2021年に発表した期間限定商品のうち、「ラプンツェル」と「The CHOCOLATE #2」の感想です。

 

 特にディズニープリンセスコラボのラプンツェルは10月6日に発売されてから、11月中旬に異例の追加販売が行われるなど、とても人気の高かった1本。実際に試香、塗布してみるとそれに納得できる香りの品質でした。

 巷で評判になっている香水で自分の好みに合うものはあまりないのですが(「万人受け」と紹介されているものがことごとく外れる)、これは嬉しい例外。

 

 そして12月発売のThe CHOCOLATE #2に関しては、1月の新作#1に続くチョコレートがテーマの香水第二弾。

 ココナッツとホワイトチョコなど儚い甘さが特徴だった前作から一転、今回のものは酸味や苦みも備えた、より重厚な香りになっていました。どちらも素敵ですが、私は後者が個人的に好きです。

 

目次:

 

Rapunzel(ラプンツェル)

f:id:chinohirose:20211206152234j:plain

バイオレットやハニーネクター、花々の濃厚な甘さに、爽やかなライムのアクセントを。シダーウッドとムスクが全体を優しく包み込んで。

~「Rapunzel」のページより

 

 上の説明文を読んでも、具体的な香りをまったく想像できなかったのがラプンツェル。

 特にトップのライムがどんな雰囲気になっているんだろう? と未知の世界でしたが、試してみて連想したのは「ミントタブレット」でした。あの何とも言えない爽やかさと軽やかな甘さ、ツンとしていないライムってこんな感じになるんだ、と新鮮な印象を抱きます。

 徐々にあらわれるのはハニーネクター、モモやマンゴーなどの果実の蜜がたくさん含まれたジュースのよう。私にはこの要素がミドルで最も主張し、それを支えるように、ほとんどどちらか判別しづらい優しさのバイオレットやイランイランが周辺から漂ってくるように思えました。

 確かに濃厚で深み、奥行きがあるけれど、決してむせ返るほど強くはない花の香り。

 なお、このラプンツェルが心を惹きつけてやまないのは、おそらくベースに至って顔を覗かせるシダーウッドやマツヨイグサ(オエノセラとも言うそう)のしわざ。柔らかく、爽やかで甘いだけではなく、ぐっと落ち着きが出てきます。

 強すぎると石鹸や洗剤のように思えてしまうムスクは、あまり表に出てきません。これは体温や肌質にもよるのかもしれませんが。

 全体的に、森のはずれの川のほとり、花畑かどこかで、新鮮なフルーツジュースを飲みながら太陽の光を浴びている風の香りでした。

 

トップ:ライム
ミドル:バイオレット、イランイラン、ハニーネクター
ベース:シダーウッド、ムスク、マツヨイグサ

Rapunzelperfumeoil.co.jp

 

 

 

The CHOCOLATE #2(チョコレート#2)

f:id:chinohirose:20211206152301j:plain

酸味引き立つオレンジを、とろけるビターチョコレートが包み込む。まろやかなバニラが顔を出すその瞬間まで、ゆったりとくつろいで。

~「The CHOCOLATE #2」のページより

 

 キャップを外したときの香りが、まさにあのオランジェット。乾いたオレンジの輪切りをチョコレートに浸して固めた、冬に食べたい美味しいお菓子の気配がします。

 これを肌に乗せてみると、不思議なことに甘酸っぱいシトラスの匂いが一気に前面に押し出されて、柑橘系好きにはたまらない。爽やかさもありつつ、春夏らしい印象ではありません。まるで秋冬にまとうコートのように重さのあるオレンジです。

 香りの根幹となるチョコレートの部分は、ノートにダークチョコレートと記載があるように、カカオの配合量が多くて砂糖が少なめなビターチョコ風。トップの柑橘と並んできりっとしていながらも、おそらくはホワイトフローラルなのか、固さが出ないように優しい花の香りが使われている感じです。

 浮かぶのは、ブランデーとオレンジピールを使った、ほろ苦く酸味のあるチョコレートのイメージ。大人っぽい。確かに甘いですが「スイートな甘さ」ではありません。

 香りの最後を飾るのはベビーパウダーとバニラという、何とも包容力のありそうな要素二つで、暖房の効いた部屋でのんびり嗅いでいたら眠くなりそうでした。しかし上のラプンツェルと同じく、私の肌ではあまり主張しません。とりあえず室内で試しましたが、今の時期の外ならラストはより乾いたパウダリーな感じに変化しそう。

 ミルク等の入った、いわゆる甘々なチョコレートとはぜんぜん違うので、名前から想像する雰囲気とはおそらく大きく異なると思います。ビターチョコを使ったオランジェットを頭に浮かべてもらえると分かりやすいかも。

 寒い季節にぴったりで重宝しそうな香りでした。お家でくつろぐ際、あるいは友達と遊んだり、飲みに行ったりする時に使いたい。

 

トップ:シトラス、オレンジ
ミドル:ホワイトフローラル、ダークチョコレート
ベース:ベビーパウダー、バニラ

The CHOCOLATE#2perfumeoil.co.jp